■プロフィール

あやのすぎ つねただ

Author:あやのすぎ つねただ
 
 更新しないかもしれないブログへようこそ!

 「ケシゴム」「消ごむ」等いろいろな表記がありますが、このブログでは「消しゴム」で統一します。
 メーカー名・販売社名の「株式会社」「有限会社」等の会社表記は省略しています。また、敬称略です。

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ
■blogram

blogramによるブログ分析

■Rakuten

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

帆船日本丸消しゴム
 消しゴムを買いに横浜へ行ってきました。

nipponmaru01.jpg
 横浜みなと博物館 帆船日本丸消しゴム(表裏)

 国指定重要文化財です。いや、この消しゴムがという訳ではありませんよ。

 ついでにマグネットも買ってきました。

nipponmaru02.jpg
 帆船マグネット(2種)

 こちらは日本丸という訳ではありません。

 当日は時間もなかったものですから、残念ながら中には入っておりません。

nipponmaru03.jpg
 本物の日本丸の写真です。

 あいにくの雨でしてすごくどんよりしていましたので、かなり補正しております。

 無理なスケジュールを組んだため、ただただ焦って走っていた思い出が残った旅でした。



 前回アップした、赤ちゃん消しゴムの加工画像が、家族に「大」不評でして、気持ち悪いだとかお札を貼っているようで気味が悪いだとかさんざんの言われよう、少々へこんでおります。あとで消そうかな・・・



テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用

乗り物 | 20:06:18 | トラックバック(0) | コメント(6)
気球消しゴム
 気球は見たことはありますが、乗ったことはありません。
 一度乗ってみたいとは思っています。

airballoon01.jpg
 気球消しゴム(2個入)

 中国のメーカーです。

 気球の消しゴムは、珍しいと言えば珍しいですね。

 パッケージから出してみましょう。

airballoon02.jpg
 4色のバルーンになっています。

 ただ、これだけ見せられると、「一体これは何だろう?」と考えてしまいそうです。もう少しデザインに工夫が欲しかったですね。ポイントは やはりゴンドラの部分でしょうか。



乗り物 | 20:06:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
宅急便消しゴム(その2)
 ずいぶん以前に、宅急便消しゴムというのを紹介しましたが、その時レモンのボロボロの消しゴムをひとつだけアップしました。その後、全種状態のいいものを入手しましたので、再度紹介します。

takuhai02.jpg
 レモン 宅急便消しゴム(5種)

 キョウリュウ便、バリカン便、クロブタ運輸 クール宅配便、
 キャットワーク、御猿急便

takuhai03.jpg
 紙の箱の中に四角い消しゴムが入っています。手前の紫の消しゴムは、「御猿急便」の中身です。

takuhai04.jpg
 箱で入手する機会がありましたので、つい大金 (?) をはたいて買ってしまいました。

 消しゴムの正式名称が、「宅急便消しゴム」であることが判明。「宅急便」がヤマト運輸の登録商標であることを知らなかった可能性があります。余談ですが、あの「魔女の宅急便」の作者もスタジオジブリも当時知らなかったようですので、当然と言えば当然です。

 しかし、消しゴム本体にはどこにも宅急便の名前がありません。こういうのも面白いですね。



テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用

乗り物 | 20:06:13 | トラックバック(0) | コメント(4)
世界のSL消しゴム
 海外の蒸気機関車の消しゴムです。

world_sl01.jpg
 三菱鉛筆 SLシリーズ消しゴム(4種)

 写真をクリックしますと少し大きい写真が見られます。

 左上:232R(フランス)
 右上:マラード(イギリス)
 左下:6000号”アメリカ”(アメリカ)
 右下:ゴールデンアロー(イギリス)

 このほかにも種類が出ていたかもしれません。

 イギリスのマラード号は、時速203kmというSLとしては世界最高記録を持っている有名な機関車です。

 こうして見ていますと流線型のデザインも多く、日本のSLとはかなり趣が異なりますね。



テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用

乗り物 | 20:05:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
走る消しゴム!
 早い話、チョロQの消しゴム版です。

pull_dash01.jpg
 サンスター プルダッシュ消しゴム(2種)

 TYPE:A1とC1となっています。ということはB1もあったと思われます。全部で何種類あったのかわかりませんが、私が持っているのはこの2種のみです。

pull_dash02.jpg
 下側、プルバックユニットが走る部品。消しゴムをしっかりとはめ込んで、後に引っぱり、手をはなすと走り出します。

 「消しゴムはプルバックユニットから外して使用して下さい。替えゴムはありません。」との注意書きがあります。そうですね。消しゴムを使ってしまうと後は知らないよっと言っています。(深読みしすぎ?)



テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用

乗り物 | 20:04:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ