■プロフィール

あやのすぎ つねただ

Author:あやのすぎ つねただ
 
 更新しないかもしれないブログへようこそ!

 「ケシゴム」「消ごむ」等いろいろな表記がありますが、このブログでは「消しゴム」で統一します。
 メーカー名・販売社名の「株式会社」「有限会社」等の会社表記は省略しています。また、敬称略です。

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ
■blogram

blogramによるブログ分析

■Rakuten

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

モナリザ消しゴム
 500年以上も前に描かれた、レオナルド・ダ・ヴィンチの名作です。

monalisa01.jpg
 モナリザ消しゴム(5色)

 スペインの消しゴムです。モナ・リザを立体化しました。

 モナリザには下絵が4枚隠されていると言われています。4色のカラーは、それを表しています。(ウソ

monalisa02.jpg
 額縁に入れてみました。

 それらしく見えないこともないですね。

monalisa03.jpg
 名古屋市美術館で買ったモナ・リザの立体絵はがき。

 見る角度によって表情が変わります。ウインクしたり、歯を見せてほほえんだり、5種類の表情を見ることが出来ます。

 写真は、両目を閉じて口を少しとがらせています。いわゆるキス顔ですね。美術館がこんなのを売って大丈夫なのでしょうか。ルーブルは怒っていないかな。



テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用

人類 | 20:06:20 | トラックバック(0) | コメント(1)
クビ消しゴム
 クビよ、クビ、クビ、クビィィィ!!

kubi01.jpg
 セアール 映画 謎解きはディナーのあとで クビ消しゴム

 劇中で北川景子が「クビよ!」と叫んだ時に、背景に飛んでくる『クビ』の立体文字をそのまま再現した消しゴムです。

 裏にはフジテレビのシールが貼ってあります。

kubi02.jpg
 横から見るとこんな感じ。

 いろいろな文字消しゴムが出ていますが、言葉としてはインパクトがあります。ドラマは別として、実生活では聞きたくない台詞ですね。 



テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用

人類 | 20:06:19 | トラックバック(0) | コメント(4)
ゴッホ消しゴム
 ご存じ画家「フィンセント・ファン・ゴッホ」の消しゴムです。

gogh01.jpg
 ゴッホ消しゴム

 スペインのメーカーです。

 ゴッホの自画像を立体化してあります。

 ゴッホと言えば、耳切り事件が有名です。

gogh02.jpg
 消しゴムも左耳はちゃんとありますが、右耳は切り落とされています。このあたりも忠実に再現されています。

 正確には、切り落としたのは左耳です。ゴッホは自分の顔を鏡で見て描いていますので、左右逆になっている訳です。

 もう少し細かいことを言いますと、ゴッホは耳を切り落としてからは、帽子を被った自画像は描いておりません。従って本来ならこの消しゴムには両耳が揃っていなければなりません。そんな事まで考えなくても良いのですが・・・。

 で、この消しゴムです。

gogh03.jpg
 Fred ゴッホの耳消しゴム

 こちらはアメリカのメーカーです。

 実物大なんだそうです。形もゴッホの耳を再現してあるとか・・・

 耳の消しゴムは薄紙で包まれており、箱に入っています。これは、ゴッホが自分の耳を箱に入れて女性に贈ったという逸話から来ています。

 愛の贈り物として最適ですね・・・



テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用

人類 | 20:06:07 | トラックバック(0) | コメント(4)
ヘアチェンジ消しゴム
 平成小学校の文具シリーズです。学校で見かけるあの人たちです。

hairchange01.jpg
 カミオジャパン パロディヘアチェンジ消しゴム(4種)

 ベートーベン、モナリザ、先生1、先生2

 ヘアチェンジとは、消しているうちに髪型が変わると言うことなのですが、あまり変えようがありません。結局坊主になるだけのような気がします。

 モナリザの服を脱がせてみましょう。
 モナリザのスリーブを取ってみましょう。

hairchange02.jpg
 なるほど。

 このスタイルは見覚えがありますね。

 レモンの、お楽しみ消しゴムです。



テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用

人類 | 20:05:59 | トラックバック(0) | コメント(4)
サムライ消しゴム
 アメリカからの逆輸入です。

samurai01.jpg
 イワコー 侍消しゴム(7色)

 日本製でありながら、日本での販売は原則しておりませんので、入手するためには海外から輸入するしか無いのです。理不尽ですね。

 下に穴が見えますが、鉛筆が刺さるほどの大きさではありません。

 アップです。

samurai02.jpg
 裏と表。

 よく出来ています。単色でここまで表現できるのはさすがです。

 今は海外でも廃盤になってしまったようで、もったいないですね。日本でも販売すればいいのに・・・



テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用

人類 | 20:05:49 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ

FC2Ad

まとめ