FC2ブログ

プロフィール

あやのすぎ つねただ

Author:あやのすぎ つねただ
 
 更新しないかもしれないブログへようこそ!

 「ケシゴム」「消ごむ」等いろいろな表記がありますが、このブログでは「消しゴム」で統一します。
 メーカー名・販売社名の「株式会社」「有限会社」等の会社表記は省略しています。また、敬称略です。


カウンター


最新記事


最新コメント


リンク


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


検索フォーム

Rakuten

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ロボクン消しゴム

 もうすぐ令和ですが、これは昭和も昭和、かなりの年代物です。

robokun01.jpg
 メーカー不明 ロボクンゴム(3色)

 ん?!、「消しゴム」ではなく、「ゴム」!

 でも見た感じ消しゴムっぽいので、消しゴムの仲間に入れちゃっています。

 裏面をご覧あれ。

robokun02.jpg
 いかにも昭和っぽいですね。表も裏もステキです。もちろん中身も!


スポンサーサイト



スマホアプリ消しゴム

 消しゴムを買いに名古屋へ行って来ました。で、こんなのを見つけました。

smaphoappli01.jpg
 オオイシ スマホアプリ消しゴム(3色)

 スマホの消しゴムはたくさんありますが、こちらは、アプリケーションの消しゴムです。

 「3色」と書きましたが、パッケージの色が違うだけで、中の消しゴムは同じです。

smaphoappli02.jpg
 アプリの消しゴムが6個入っています。

 片面印刷で、大きさは縦横25mmくらいです。

机上のキーぴょん消しゴム

 大変です。よくある事なのですが!

keypyon01.jpg
 バンダイ 机上のキーぴょん消しゴム with チロルチョコ(全10種)

 ひとパックに3個入っていますが、左下がキャラクター、右下がキーボードのキー、上はキーのパッケージのチロルチョコ(本物)です。

 キャラクターの名前ですが、右のキーの名前が、そのままキャラクター名になっています。たとえば一番上の青い子、この子の名前は「F5」です。一番下の目がぱっちりの白い子、この子は「V」という名前です。

keypyon02.jpg
 こんな感じで、キーを頭にかぶせます。キーはプラスチック、キャラクターのフィギュアが消しゴムのようです。「ようです」というのは・・・

 この商品を売り出した時、「消しゴム」と大々的にうたっていたのですが、予約していざ商品が届いたら、どこにも消しゴムの表記がありません。メーカーの商品説明のページへ見に行くと、消しゴム表記がフィギュア表記に変わっています。これは詐欺ですか?

 メーカーへ問合せをしそびれてしまいましたが、触った感じでは、材質が消しゴムっぽいので、許します。(実際消してはいません。) あまりよくある事ではないのですが。

keypyon03.jpg
 箱です。

 よくある事というのは、私の事です。箱で買って一応中身を確認しまして、そのまま放ってあったのです。

 先日ハッと気づきました。そうです。消しゴムだけじゃなかった、チョコが一緒に入っているのです。賞味期限は1年近く前に切れています。

 おそるおそる開けてみましたら、溶けてもおらず、無事です。このままですとそのうち溶け出して、消しゴムまで被害が及ぶ恐れがあります。早く取り出さねば!

 そういえば、ぷっちょ とか他のものもどこかにあったぞ。どこにしまい込んだのでしょう。何やら恐ろしくなってきました。

 えっ? 中のチョコはどうしたのかって? スタッフが美味しくいただきましたと書いておきます。

懐中電灯消しゴム

 今年は台風や豪雨で、例年以上に被害が出ている印象です。

torch01.jpg
 懐中電灯消しゴム(2色)

 中国の消しゴムです。

 停電時の備えには必ず必要です。特に夜中は枕元に置いておけば重宝します。最もいざというとき、この消しゴムは何の役にも立ちませんが。

 懐中電灯は今やLEDが当たり前になりましたが、この消しゴムは豆電球時代のものでしょう。単一形もしくは単二形乾電池が2本入るタイプのようです。

 意外にも懐中電灯の消しゴムって、あまり見かけることがありません。今風にLEDっぽいものをどこかで作って欲しいな。

公衆電話消しゴム

 今では公衆電話がどんどん消えてしまい、希少になって来ました。
 公衆電話を見つけるためにスマホで検索したりして・・・

koushu01.jpg
 メーカー不明 公衆電話消しゴム(4色)

 かなり古い消しゴムです。公衆電話の形から、テレホンカードもまだ無い時代のようです。裏には「MADE IN JAPAN」と書かれています。

 電話型のケースはプラスチックです。開けてみましょう。

koushu02.jpg
 中に「50音電話帳」の消しゴムが入っています。

 残念なことにこの消しゴムは、全てケースにくっついてしまって取り出せません。

 で、何とか無理矢理にでも取り出せそうな物がひとつありましたので、出してみました。

koushu03.jpg
 破れてしまいましたが、50音別電話帳と電電公社(NTTになる前)のマークが読み取れます。

 | ホーム |  » page top