FC2ブログ

プロフィール

あやのすぎ つねただ

Author:あやのすぎ つねただ
 
 更新しないかもしれないブログへようこそ!

 「ケシゴム」「消ごむ」等いろいろな表記がありますが、このブログでは「消しゴム」で統一します。
 メーカー名・販売社名の「株式会社」「有限会社」等の会社表記は省略しています。また、敬称略です。


カウンター


最新記事


最新コメント


リンク


カテゴリ


カレンダー

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


検索フォーム

Rakuten

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ハロウィン消しゴム

 まさか日本でこんなにもハロウィンが定着するとは思いもしませんでした。

halloween01.jpg
 メーカー不明 ハロウィン消しゴム(6種/ハロウィン鉛筆付)

 鉛筆は3種類。写真ではわかりにくいので、説明しておきますと、黒い鉛筆はお化け、紫はガイコツ、緑は魔女をイメージした模様がそれぞれ入っています。

 1970年前後だと思います。古い話ですが、その頃ピーナツコミックスにはまっていまして、よく読んでいたのです。スヌーピーが出てくる漫画です。そしてそのコミックでハロウィンのことを知ったのです。

 チャーリー・ブラウンやルーシーたちが近所の家を訪問してお菓子をもらっていました。ライナスは「かぼちゃ大王」がやってくると信じています。簡単な仮装をしている子どもたちもいました。

 そんなお話を通じてハロウィンなる行事があって、目と口をくりぬいたカボチャがアイテムであることを何となく知った訳です。「Tricks or treats」はお菓子をもらうおまじないの言葉。

 それが近年急激に日本でお祭り騒ぎになって来ています。商魂たくましいと申しましょうか、ほぼ100%、市場側からの仕掛けです。本来の行事からかけ離れてしまうのも日本のアレンジの成せるいつもの事。

 知名度が上がったからこそ消しゴムの種類も増えて世間に出回る訳でして、ここは素直に感謝しておきましょう。

 関連消しゴム:ハッピーハロウィン消しゴム

 | ホーム |  » page top