FC2ブログ
 
■プロフィール

あやのすぎ つねただ

Author:あやのすぎ つねただ
 
 更新しないかもしれないブログへようこそ!

 「ケシゴム」「消ごむ」等いろいろな表記がありますが、このブログでは「消しゴム」で統一します。
 メーカー名・販売社名の「株式会社」「有限会社」等の会社表記は省略しています。また、敬称略です。

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ
■blogram

blogramによるブログ分析

■Rakuten

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
天才バカボン消しゴム
 なぜかバカボンは出てこないんです。

bakabon02.jpg
 ショウワグリム/ショウワノート 平成天才バカボン消しゴム(表と裏)

 他のバージョンもあったのかもしれませんが、バカボンのパパが主役ですね。

 みんなが思っていることなのですが、バカボンのパパやママは、バカボンが生まれる前はなんて呼ばれていたのでしょう。あっ、これムーミンパパやママも同じ疑問ですね。触れてはいけない、トップシークレットでした。

bakabon01.jpg
 タカラトミーアーツ バカ田大学 購買部特製 学生のたしなみグッズなのだ
           「伝言メモと消しゴムセットなのだ」

 ガチャです。全6種ある中の1つが、消しゴムとメモ帳のセットでした。私はこれしか持っておりません。「これでいいのだ。」



テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用

キャラクター | 20:06:35 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
こにゃにゃちわ(バカボンのパパ風にご挨拶してみました。
バカ田大学グッズなんてものがあったんですね! これを使えばバカ田大学一の秀才バカボンパパに迫る学力が身に付くかな?
2018-01-19 金 14:29:44 | URL | カノッチ [編集]
Re: タイトルなし
カノッチ さん

 バカボンパパの境地に達するには並大抵のことではないでしょう。
 でも、少しでも近づけるよう努力が必要ですね。

 恐らくこれらのグッズも、凡人には考えも付かないような使い方をするのではないかと密かに思っているのでした。
2018-01-19 金 21:11:44 | URL | あやのすぎ つねただ [編集]
子供の頃に
バカボンのアニメを見ていましたが、私はかなり長い間、このアニメの主人公はバカボンのパパだと思っていた気がします。不思議なことに、アニメの中では「パパ」と呼ばれているバカボンパパのことを「天才バカボン」なのだと思っていました。多分まだ字が読めない年齢だったからだと思われます。途中で、子供のほうが「バカボン」なのだということを誰かが(多分姉)教えてくれたんだと思いますが。
2018-01-20 土 10:36:56 | URL | まこ [編集]
Re: 子供の頃に
まこ さん

 作品そのものも完全にパパが主役ですから、そう思うのも無理ありません。
 でも、そんな事を気にしていたら「天才バカボン」は楽しめないのです。

 根底には家族愛があります。バカボン一家の物語なのです。
2018-01-20 土 13:28:01 | URL | あやのすぎ つねただ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。