FC2ブログ

プロフィール

あやのすぎ つねただ

Author:あやのすぎ つねただ
 
 更新しないかもしれないブログへようこそ!

 「ケシゴム」「消ごむ」等いろいろな表記がありますが、このブログでは「消しゴム」で統一します。
 メーカー名・販売社名の「株式会社」「有限会社」等の会社表記は省略しています。また、敬称略です。


カウンター


最新記事


最新コメント


リンク


カテゴリ


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ


検索フォーム

Rakuten

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

お寿司消しゴム(その3)

 以前、イワコーのお寿司消しゴムとしまして、その1その2と取り上げてきましたが、その後すぐ、新しいブリスタパックが登場しました。今さらですが、続きを紹介します。3回目です。

sushi07.jpg
 イワコー 寿司十貫消しゴム

 お寿司十貫。ここでアレッ?と思いました。

 今までのブリスタパックにはゲタの上にお寿司は六貫でした。こちらはゲタが無いとはいえ、同じ面積(体積)に十貫は無理です。

 そうです。お寿司の大きさが一回り小さいのです。かといって同じイワコーの回転寿司よりは大きいです。つまり中間の大きさを新たに作ったと言うことですね。ただ、種類は5種類。イカがなくなりました。

 そしてつい最近、ブリスタパックではありませんが、新しいセットが登場しました。

sushi08.jpg
 イワコー 寿司消しゴムセット(4種類)

 トレイの上に寿司二貫としょうゆ皿の付いた100円のセットです。

 タマゴ&イクラ、タマゴ&マグロ、ウニ&マグロ、エビ&マグロ。

 そう、お寿司は今回の「寿司十貫」と同じ、中間の大きさです。

 しょうゆ皿がいいですね。欲を言えば、すみっこにわさびをちょろっと乗せて欲しかった。



 突然ですが、クイズです。

 知り合いのお寿司屋さんに聞いたお話。

 寿司屋へ行くと、無料で出てくる5つの「り」があります。「おしぼり」「あがり」「たまり」「ガリ」、さて、もうひとつの「り」は何でしょう?


 答えは・・・次回!

 えっ? 次回までひっぱるんですか?!

野菜消しゴム(その4)

 買い物帰りでしょうか。

vegetable06.jpg
 KIKKERLAND Farmers' MARKET 消しゴム(2種)

 紙袋の中に、野菜などの消しゴムが入っています。

 この形どこかで見たような・・・と思ったら、以前マグネットでこんなデザインのものがありましたね。

 びんマグネット(その3)

vegetable07.jpg
 KIKKERLAND バスケット入り消しゴム(にんじん4本)

 このにんじんは、イワコーのパクりっぽいですが、イワコーより一回り小さいです。

vegetable08.jpg
 かごがいいですね。

 きちんと編んであります。

野菜消しゴム(その3)

 この野菜は一体なんでしょう。
 どなたか教えてくだ菜!

vegetable04.jpg
 菜っ葉消しゴム(2色)

 2個入です。

 この菜っ葉が一体何なのかわかりません。白菜でもありませんし、中国独特の野菜かもしれません。

vegetable05.jpg
 葉っぱが開いていますね。




 nasline さんや、その他の方から情報を頂きました。

 この野菜は「パクチョイ」というものだそうです。
 チンゲン菜の色違いだそうです。
 食べた感じは、チンゲン菜そのものだとか。

 情報をありがとうございました。




 ここ何回かに渡って中国の消しゴムをアップしてきましたが、今回で一区切り。

 中国の消しゴムといいますとどうしてもイワコーのにせ物というイメージがあります。確かにコピーばかり作っている会社もありますが、こうして見ていただいたように、積極的にオリジナルで展開しているメーカーもあるということですね。


トースト消しゴム

 前回に引き続き、サカモトの消しゴムです。

toast01.jpg
 サカモト トースト消しゴム(全10種)

 上から、
  バター、アイスチョコ
  ピザ、スクランブルエッグ、ハムチーズ
  小倉、焼きマシュマロ、苺ジャム
  目玉焼き、苺クリーム

 「これ、トーストに乗せる?」なんてのもありますが、皆美味しそうです。

 ふたつ開封してみました。

toast02.jpg
 裏面です。

 ちょうどいい具合にトーストされています。

 写真でお気づきでしょうけど、表裏どちらも印刷です。
 が・・・

toast03.jpg
 透明のカバーを外してみますと、中身はまだトーストされていない食パンでした。

 カバーの方に印刷されているのです。
 このカバーが消しゴムのスリーブになっている訳です。ちゃんと実用も考えられていますね。

 余談ですが、この開封した消しゴムをKさんに差し上げたら、いきなり消し始めまして・・・
 「あっ、ちゃんと消えるんだ!」

 つっ、使うんですね・・・

 なので実用的であることも証明済みです(笑

レトルト消しゴム

 このまま宇宙へ行く予定だったのですが・・・消しゴムが見つかりません ort
 早くもネタ切れでございます。
 で、宇宙食の代わりにレトルト食品を。

retort01.jpg
 サカモト 香り付きレトルト消しゴム(全10種)

 ご覧の通り、牛丼からクリームシチューまで、レトルト食品の箱の中に消しゴムが入っています。

retort02.jpg
 箱の裏面です。

 ご使用方法が秀逸です。

 加熱調理や電子レンジのイラストにバツ印が付いていまして、「温めずにご使用下さい!」
 ご注意:お皿に盛り付けせずにご使用下さい。

 お約束の「食べられません!」は、箱の横に書いてあります。

 3つほど出してみましょう。

retort03.jpg
 箱から出しますと、銀紙に密封されています。上手に切り取って、取り出します。

 一番下が消しゴムです。片面にそれぞれの食品のパッケージが印刷されております。消しゴムの色は黄土色? 恐らく10種全ての消しゴムが同じ色だと思われます。

 一番の売りは「香り付き」。カレーはスパイスのにおいがします。回鍋肉や牛丼は、そのにおいかと言われますと違うような気がしますが、明らかにそれぞれのにおいは異なっていまして、それなりの工夫が感じられます。

«  | ホーム |  » page top